2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一部分だけが・・・


こんにちは。ボク、歌丸です。
皆様、お盆休みはいかがお過ごしですか?

2日ほど前なのですが、ボクがお外でご飯を食べていたら、天井裏から「ガタガタ」と大きな音がしてきたのです。
ボクはてっきりご先祖様が帰って来たのだと思い、お盆に帰って来たご先祖様は天井裏でお過ごしになられるのですねなんて思っていたら、
「ちょっと、猫かネズミが入り込んだんじゃない!?」
と、おっかあさまがホウキを片手に大騒ぎしておりましたですよ。
天井裏をウロウロしていたの、ジジ様とババ様ではなかったのでしょうか。

ところで唐突ですが、皆様は「ジリアン・マイケルズ」と言う、筋肉を鍛えて肥満に悩む者を痩せさせるのが得意な人をご存知ですか?
参考までに・・・→ こちらをクリック

肥満に悩むさこも叱り上手なジリアン姐さんに1年ほど前からはまっており、姐さんプロデュースのDVDを全て揃えているのですが、やはりDVDのように上手くは出来ないのです。
でも、ジリアン姐さんに、
「完璧じゃなくても良いから、あなたのベストを尽くして」
と野太い声で励まされ、さこはさこなりにひーひーと息切れしながら出来る事を一生懸命やっていたら、ふくらはぎと二の腕とへその上のみがカッチカチに固くなってきたのです。

もう少し自分を追い込んで真面目に取り組んでいれば、そこそこ均一に筋肉もついたでしょうに。
たるんたるんしている太ももや下腹や尻、どうするつもりでございましょうね。

120817-2.jpgちなみにさこ的には、このDVDが一番楽しくて辛くないらしいです。

最初はあまりの速さに「???」となってる間に終わってしまったそうですが、動作に付いて行けるようになったら、汗の量とやり遂げた後の爽快感がハンパないとの事。

それに、一つの動作が短いからあっと言う間に終わるし、ジリアン姐さんよりもごついお姐さん達がテンション高く素晴らしいフォームで、ジャブやフックや回し蹴りを披露してくれるのもオモロイらしいですよ。

ところで、ボクは見た目がずんぐりとしているから肥満気味と思われがちですが、とんでもないのです。
ボクの体に脂肪はなく、良質な筋肉が満遍なく付いているのですよ。
「よく飛び・よく食べ・よく出す」のがボクのダイエット法なのですが、効果は抜群なのです。
今度、歌丸流ダイエットのDVDでも出しましょうかねぇ。

スポンサーサイト

| ブログを書く歌さん | 18:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

治ってました

120801.jpg

こんにちは。ボク、歌丸です。
今日の写真は大嫌いなお車に乗せられ、これまた大嫌いな病院から帰る途中に撮られたもののため、物凄く不機嫌なお顔をしててゴメンなさいですよ。

この写真を撮った後、さこが「大丈夫?」と手を伸ばしてきたのですが、あまりにもムシャクシャとしていたので、人差し指の第一関節と第二関節の間のフラットな部分に思い切り齧り付いてやったのです。
ちょっとだけ、スッキリいたしました。

再診の結果は、カビも悪い細菌もいませんですよとの事。
ご心配くださった皆様、本当にありがとうございましたのです。

そうそう、ボクがお世話になっているエルフィン動物病院ですが、来年から「鳥・小動物の専門病院になります」とのお知らせが玄関に貼ってありましたのですよ。
7月15日に病院へ行った時は何のお知らせもなかったので驚きましたが、鳥・小動物の専門病院となるとやはり心強いと、さこが言っておりましたです。

来年からは待合で、他の鳥さんと出会う事も多くなりますでしょうか?
もし他の鳥さんに出会ったら、「効率的なガブリの仕方」について、ぜひ意見を交換してみようと思っておりますですよ。

ボクは病気をやっつけて元気いっぱいですが、人間達の調子はいまいちなのです。
さこなんて何のストレスがあるのか、真夜中の2時前後に胃痙攣に襲われて目が覚め、もがき苦しんでいたのですよ。
しかも孤独に苦しむのが嫌だったのか、意味も無くおっかあさまを叩き起こしていたのですが、さこに叩き起こされたけど特にする事のなかったおっかあさま、かなり気の毒でしたです。

ついでにおっとうさまも室内で脱水症状を起こし、さこのかかりつけの病院へ点滴に通っておりましたですよ。
おっとうさまに付き添っておっかあさまも病院へ行ったのですが、おっとうさまがガンを患ってから出てきた困った症状なんかを、点滴をしながら雑談の延長で話したそうなのです。
すると先生、「××の薬の副作用かもしれない」とか、「○○の治療がこの臓器に影響したのかもしれない」とか、えらいちゃんとした話しをし始めたそうでして。

以前からこのブログにお付き合いくださってる皆様はご存知でしょうが、さこのかかりつけの先生と言うのは何だかワンダーなお人なのです。
(参考までに・・・→ こちらをクリック

なのでおっかあさまが、
「あの先生、まともな診察も出来るんじゃなぁ」
と驚いたのも無理はないのですが、その前に我が娘のかかりつけの先生なわけですよ。
もしやこれまで、まともな診察が出来ない病院へ我が娘が行っていると思っていたのでしょうか。

話しがえらい逸れてしまいましたが、暑さもまだまだ続く事ですし、皆様も体調には充分お気をつけくださいませね。

| ブログを書く歌さん | 23:54 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。