PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おっとうさまの事あれこれ

151026.jpg

日中は暖かくても、朝晩は鳥さんがモフリとする季節になりましたね。
歌さんもケージに暖房はセットしてあるのですが、スイッチを入れるか入れまいか、まだ若干悩んでおります。
でも、そろそろジジィなお年頃ですし、少しは甘やかす方向に行ってみましょうかねぇ。

ジジィと言えば、7月に亡くなった我が家のおっとうさま。
今日は少し、おっとうさまのことを書いてみたいと思います。
長くなるうえに、あまり楽しくない話題も含まれますので、続きは追記で・・・。
ご興味のある方のみどうぞm(_ _)m




父は2011年に中咽頭がんを患ってから、退院後は3ヶ月ごとに検診に行っていました。
それなのに、2015年1月の検診で肺への転移が見つかり、見つかった時には既に「手遅れ」と言われました。
つい最近も芸能人の方で、「乳がん検診行ってたのに・・・」ってニュースがありましたが、ほんと、検診ってなんやねんって思っちゃいますよね。

しかも、手遅れ宣言された父、どうせ助からないのならと、家族に言わなかったんですよぉ(怒)
4月に入った頃からセキをしだして、母も私もただの風邪だと思ってたのですが、風邪をこじらせて肺炎になったら困るし、早く近くの内科に行けと母が口うるさく言ってたんです。
でも、全然言うことを聞かないので、それなら往診に来てもらうよって怒ったら、しぶしぶ「実は・・・」と、語りはじめまして。
もうね、「なんで隠してた!?」って、母と三人で大喧嘩ですわ( ̄∇ ̄;)

その後、母が一緒に病院へ行って詳しい話しを聞いてみると、
 ・血液検査の結果、腎臓と肝臓の数値が悪くて抗癌剤治療ができない
 ・手術に持ちこたえられるほどの体力がない
 ・前に放射線治療をしているので、二回目はできない
なので、このまま治療をしなければ今年いっぱいくらいで、とのことでした。

確かに父にしてみればショックな話しでしょうが、家族としては、「じゃあ死ぬまで何もせず見守りましょう」ってわけにはいかないですよね。
それで、治療法を模索し、6月にお江戸まで行ったりしてみたのですが、結果としては7月に旅立ってしまいました。

いやね、最初に中咽頭がんで余命1ヶ月宣告をされた時、奇跡的に助かったじゃないですか。
だから今回も何とかなるんじゃないかと、心のどこかで楽観視してたところがあるんですよ。
それに、最悪でも「今年いっぱいくらい」と医者に言われてたものですから、まさかこんなに早く逝ってしまうとは思いもしませんでした(TT)

7月4日の朝、トイレに行ってから動けなくなった父。
車までも歩けないと言うので救急車を呼んだのですが、救急車が来るまでの間、「朝っぱらから起こしてごめんな」と私に言ったり、救急車に乗り込む時は心配して様子を見に来たご近所の人たちに、「お騒がせしてすみません」とか言ってたんですよ。
それなのに、10分後に病院へ着いた時には意識がなくなっており、「このまま意識が戻らないかもしれません」と言われてもうビックリですわ。

しかし、幸いその日の晩に意識が戻り、
「歌が待ってるから早く帰ってやれ。次に来る時は、前にお前が買ってくれた腕時計を持って来てくれ」
って、なんとも泣けることを言いましてね。

なので、少しでも元気づけようと思い、
「あんな安物じゃなく、もっと良い時計買ってあげる。退院したら一緒に買いに行こう。」
と言ったところ、
「ワシはあの時計でいい。あの時計が好きなんじゃ。忘れず持って来てくれよ。」
と言われ、この時、なんとも言えない気分になりまして・・・。

それで、思わず、
「性格のキツイ娘でゴメンなさい。これからは憎たらしい事は言わずに親孝行するから、早く退院して帰って来てな。」
と、言いましたら父、うんうんとうなづきながら、
「ええよええよ。これからも、憎たらしいこと言ってええよ。」
って、ニッと笑いましてねぇ。
この時の事は、今でも思い出すと胸がぎゅーっとなります(´_`。)

結局、会話が出来たのはこれが最後でした。
翌日は意識はあったものの声を発することはできず、首や手を振ることでコミュニケーションをとるくらいでした。
そんな中、約束通り持って行った腕時計を何度も見つめる父を見て、私の腕時計好きは父の影響だったのかと、この時初めて気づいたり(笑)

救急車を呼んでから亡くなるまであっという間でしたが、なんとか意識が戻り言いたいことは言えたため、それに関しての後悔はありません。
ただ、もっと色々してあげたかったなぁという後悔は、もちろんあります。

実は遺品を整理していたら、父の上着のポケットから、父の字で本のタイトルがずらっと書かれたメモ書きが見つかりましてね。
買おうと思っていた本なのか、それとも重複して買わないように読んだ本を書いていたのかは分からないのですが、そう言えばお父さんは本が好きだったな、本ぐらいもっとプレゼントしてあげれば良かったなと・・・。

「孝行をしたい時分に親はなし」って、本当ですね。
生きてるうちに面と向かって何かするのは照れくさいものですが、今後は母との向き合い方も変えていかなければなと思ってます。
とりあえず、10月28日は母の誕生日なので、何か買って帰ろうかしら。

それと余談ですが、死亡届を出すとすぐに銀行口座が凍結されるのでご注意を!
死亡したら口座が凍結されるのは知識として知っていたのですが、一般的には、
「遺族からの申し出や、新聞の訃報欄などで銀行は死亡情報を把握し、口座を凍結します。」
とのことだったので、凍結されるまでには余裕があると思ってたんですよ。
しかし我が家の場合、父・午前8時過ぎに死亡→その一時間後には二つの地方銀行の口座が全て凍結されていました(*_*;)

誰も銀行に申し出などしておらず、まだ葬儀社も決まる前だったので、もちろん新聞の訃報欄に掲載依頼の連絡すらしていない段階の時です。
もしや田舎だから、情報だだ漏れなのでしょうか・・・(怖)

父が亡くなった時、何気に困ったのがこの口座凍結でした。
解除するには色々と手続きが必要なのですが(金融機関によって必要書類が違うらしいです)、亡くなって通夜だ葬儀だとバタバタしてる時にそんな事やってる暇はないですし、それに相続人全員の実印も必要になるので、なるべく生前にお金の移動はしておいたほうが良いですよ。
最後に不謹慎な話しで失礼しましたm(_ _;)m

| 人間の日常 | 18:48 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんといっていいのやら

突然とはいえ、その前からいろいろと大変だったんですね

でも読ませてもらって、素敵な看取り方だなって
思いました
経験したこともないのに勝手なこと言ってごめんなさいね

しかし、あっという間の銀行口座の凍結にはびっくりよー
ちょっと待てだよね
ってか個人情報ばればれじゃん(汗

めんどくさいけど、早めに対策しとかないとですわね

| まぁこ | 2015/10/27 11:07 | URL | ≫ EDIT

最期まですてきなおとーたま><。

うわぁ‥‥そんな経緯だったのですね。
ちなみに、ウチの母もトイレで動けなくなって‥‥救急車です。
トイレというのは危険地帯なのでしょうかね。
でも、本当にお父様らしい、素敵な最期だったのですね。
時計のお話‥‥本当に心に染みます。
ウチは即、人工呼吸器を付けられてしまったので、アイコンタクトでしか話せなかったんです。
実家からかなり遠いのに、救急車で運ばれた先が、私が生まれた病院だったので、その話をしたら目をまん丸にして、「そうなのぉ〜」と言うように瞬きしたのが最期。実家で私が耳にした最後の言葉が「あ、チュンチャン(スズメ)達がご飯貰いに来てる‥‥」母がいつもお米を巻いていたんですよ。

しっかし‥‥本当に、いろいろシビアよねぇ〜
お葬式代も結構直ぐ払わないとならないしねぇ。
ATMの限度額で必要分お金おろせなくて大変だったぁって話も聞いたことありますわぁ。

| ゆとりろ | 2015/10/27 20:27 | URL | ≫ EDIT

泣けますよぅ・・・;;

こんばんは〜。
いやぁ、ダメです。泣きます;;お父様、と、前回堅苦しくなってしまいましが、
今回からはおっとうさまで呼ばせていただきますね。
わがまま娘、なんてそんなのもうそれすら可愛いのが親なんでしょうね。

おトイレのお話、うちの義父もおトイレでした・・・。うちの場合は残念でしたが、
発見した時には手遅れで;別居していたので、はい。
前の日までは、元気ではなかったけど普通だったんですけどね。

銀行のお話もシビア・・・。うちは凍結されることはなかったんですが、
いろいろと大変でした。さこさんのお家はご商売されてるから、大変だったかと
思います。なんかちょっと世知辛すぎますよね。お葬式代諸々、
払わないわけにいかないこと多いのに。
悲しみをまぎらわすのに忙しい事柄が多いとか言いますが、
逆に辛かったことを思い出しました。

| あきぽん | 2015/10/28 01:05 | URL | ≫ EDIT

ご愁傷様でした。

お父さま亡くなられて淋しくなりましたね。
 覚悟をしていたお父様も立派ですが、家族はやっぱり一日でも長く一緒にいたいものですね。
私の家も同居の義父母とも救急車のお世話になってそのまま自宅には戻れずに亡くなりました。亡くなるまで毎日病院へ通えてオシャベリできたことが慰めになってます。
 実父の場合は心臓発作だったので(84歳で元気印で) ただもうビックリで唖然としてました。心配かけて世話かけてばかりで親孝行なんてちっとも出来ないでの別れでしたね。
 歌さんはいつもお父様の声聞いていたのでしょうから、淋しいのでしょうね。イッパイ声かけてあげてくださいね。

我が家には06年生まれのサザナミさんが数羽いますよ、隠居して悠々自適の生活です。日向ぼっこが大好きです。
歌さんも暖かくしてお過ごしください、
 さこさんも歌さんも風邪引きませんようにご自愛ください。

| ぴーちゃんハウス管理人 | 2015/10/29 20:54 | URL |

まぁこさんへ(・∀・)

こんにちは。

幸い病院で意識が戻り、私も母も伝えたい事は全て言えたので、
残された者には良い見送り方だったと思います。
父にとってはどうだったか不明ですが(^^;)

銀行、えげつないですよ!
田舎の事ですし、役所と情報が連携してるのかもですねー。
私、地銀は信用しない事に決めましたわ(´д`;)

| さこ | 2015/10/30 10:40 | URL |

ゆとりろさんへ(・∀・)

こんにちは。

ゆとりろさんのお母様も突然だったんですね・・・。
お母様最後の言葉に、お母様の優しいお人柄が感じられますね(´_`。)

うちの父も呼吸器を付けられたのですが、幸い鼻チューブだったんですよ。
なので、ギリギリまで話す事ができました。
父が最期まで見ていたお気に入りの腕時計、棺に入れようか悩んだのですが、
形見として私が貰う事にしました(*^^*)

銀行、シビアですよ~。
一番の懸念だった葬儀代は死亡保険がわりとすぐに出たので間に合ったのですが、
確かにATMの限度額で一度にはおろせませんでした。
もうちょっと、融通を利かせてほしいですよね(´∩`;)

| さこ | 2015/10/30 10:48 | URL |

あきぽんさんへ(・∀・)

こんにちは。

私も結構なババァですが、親にとってはいつまでも子供なんでしょうね。
病院に担ぎ込まれてから、ずっと母が泊まり込んでいたのですが、
私が嫁に行ってない事を最期まで心配していたそうです(汗)

トイレ、やはり危険地帯みたいですね・・・。
うちは古い日本家屋なので冬は冷え込むし、これから母を気を付けなければ(>_<)

銀行、ビックリでしたよ!
葬儀代以外でも、なんやかんやと細かい出費が続きますし、
何よりお寺さんへのお布施がバカにならないですからねぇ・・・。
一つ勉強になりましたよ( ̄∇ ̄;)

| さこ | 2015/10/30 11:01 | URL |

ぴーちゃんハウス管理人さんへ(・∀・)

大変ご無沙汰してます!

子供の時から家に帰ると必ず父がいたので、家の中が寂しくなってしまいました。
歌さんも、いまだに父の姿を探していますよ(´_`。)

管理人さんのお父様は、心臓発作ですか・・・。
亡くなるまでに話しが出来るのと出来ないのでは、本当に違いますよね。
私の場合、話したい事は話せましたが、もう少し親孝行したかったです。

管理人さんのところにも、歌さんと同世代のサザナミさんがいるんですね!
歌さんもいい歳ですし、あまり無理はさせられませんよね(汗)
管理人さんも、風邪にはお気を付けくださいね(*^^*)

| さこ | 2015/10/30 11:11 | URL |

素敵なお父様でしたね

以前、さこさんとお父様は”仲良く喫茶店へ行く”というようなことを書いておられたと思うのですが(記憶違いならゴメンナサイ)
それを読んで、素敵なお父さんなんだろうなぁ…いい親子関係だなぁ…とうらやましく思ってました。

腕時計のエピソード、心にしみました。
そして、お父様を探す歌さんの様子に、ほろりときました。
やさしいお父様の存在は、歌さんの心にもしっかり刻まれているのだと思います。
本当に、最期まで素敵なお父様でしたね。

| まる | 2015/11/01 21:11 | URL |

まるさんへ(・∀・)

大変ご無沙汰しております!

“仲良く”かどうかは分かりませんが、年末年始は喫茶店へ行ってました(笑)
古い記事を覚えててくださり、本当にありがとうございます(*^^*)

腕時計、本当にめっちゃ安物だったんですよ・・・。
あんなに喜んでくれてたのなら、もう少し良い物をあげれば良かったです(^^;)

歌さんもなんだかんだで、父を好きだったみたいですね。
歌さんが何もないところを見て騒いでいると、昔は怖かったのですが、
最近は「父が来てるのかな?」と、思うようになりました(´∪`*)

| さこ | 2015/11/04 13:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://i7854.blog120.fc2.com/tb.php/621-d7aaf6a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。