PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おっとうさまの死後の世界


10月30日、歌さんの健康診断に岡山まで行ってきました。
健診結果は全く問題なしで、「もうすぐ8歳とは思えない毛艶と肉付きですね」と、先生にお褒めいただきましたよ(*≧∀≦*)
写真は休憩がてら山陽道のパーキングで撮ったのですが、椅子に何か付着しているのは見なかった事にしてください。

そうそう、この写真を撮っている時、隣に高級そうなハイブリッド車が停まりましてね。
すると、運転席から品の良いスーツにアタッシュケースを携えた身なりの良い老紳士が降りてきて、私と歌さんをニコニコと眺めて会釈されたんです。
全く面識のない人だったのですが、きっと鳥好きだったんでしょうねぇ。
いつか、あんな風に品が良くてお金持ちで鳥好きな殿方と結婚したいと思いました(真顔)

そう言えば、鳥好きだけど、がさつで貧乏だった我が家のおっとうさま。
今日は、父が亡くなってからの事を書いてみたいと思います。
またまた長くなりましたので、続きは追記で・・・。
あなたの知らない死後の豆知識なんかがあったりなかったりするかもなので、よろしければご覧くださいm(_ _)m




先日、携帯の写真整理をしていたら、生前の父と歌さんの写真が出てきました。
どんなおっとうさまだったかご興味がある方は・・・ → こちらをクリック
この写真を撮った2月の時点では普通に元気だったのに、わずか半年後に死んでしまうとは、本当に人の生き死には分からないものです(´_`。)

話しは変わりまして、父が亡くなる前日の7月5日は朝から父の病室へ行っていたのですが、翌日は仕事だったため母を病院へ残し、私は午後8時ごろ一人で帰宅しました。
もう父は声を発する事が出来なかったのですが、「帰るよ」と声をかけると、私の顔を見て手を振っていました。
しかし、それから数時間後に父の容態が急変し昏睡状態に陥り、6日の午前4時半ごろ「もうダメかもしれないらしい」と母から電話があって急いで病院へ駆けつけたのですが、その4時間後に父は亡くなってしまいました。

余談ですが、医師が「ご臨終です」と言うまで、私も母も駆けつけてくれてた親戚たちも、誰も父がいつ息を引き取ったのか分からなかったんですよ。
それくらい穏やかに、まるで眠るように息を引き取りました。
本当に全く苦しまなかったので、我が親ながら、良い死に方をしたなぁと思います。

さて、ここからが本題です。
父が亡くなりひとしきり泣いて落ち着いてきたころ、病院の看護師さんが、
「葬儀会社が決まったら教えてください」
と、声をかけてきました。
葬儀に関して何の知識もなかった私と母は、これまた何の疑問もなく、自宅近くの大手葬儀社へ頼むことにしました。
はい、これが一番大きな間違いでした。

うちは父が自営をしていたため、わりと付き合いが多くてですね・・・。
なので、後々の付き合いや費用の事も考え、「ひっそりと家族葬でいいじゃん」と、生前の父とも話し合っていたんです。

しかしですね、葬儀を頼んだ大手葬儀社が出してきた、一番安いという見積もりを見たら、
 ・家族葬 → 65万円(寺院お布施・料理代別)
 ・一般葬 → 70万円(寺院お布施・料理代別)
その差なんと、わずか5万円。

そこで、家族葬ってもっと安いのでは?と聞いてみたところ、「失礼ですが、そこが素人考えなんです」と、大手葬儀社のおっさん。
家族葬でも最低限これだけかかる、これにお布施を加算するだけで100万は超える、それなら一般葬で香典を頂いて少しでも葬儀代の足しにする方が絶対に得だ、悪いことは言わないから一般葬にしなさい、という事を力説するんですよ。
こちらは全くの素人ですし、プロがそう言うのならそうなのかと思い、結局一般葬にしたんです。

ところがですよ、その後、仕事関係で葬儀社をこじんまりと家族経営している人と話す機会がありましてですね、費用の事を聞いてみたら、
「祭壇がない家族葬なら、うちは20万でやってますよ。祭壇付きでも30万くらいですね。」
って言うじゃありませんか。

それでビックリして、うちの場合の話しをしてみたら、
「従業員を何人も抱えてるような大手さんは家族葬だと儲からないから、そういうやり方なんです。個人の葬儀ならうちみたいな零細業者の方が、費用だけではなく、いろんな面でわりと融通が利きますよ。」
とのこと・・・。
そりゃ商売だから儲けないといけないのは分かりますが、それにしても大手さん、ちょっとやり方が汚くありません?
私、次はぜっっったい零細葬儀社に頼みます( ̄- ̄;)

それと、父の死後で意外とお金がかかったのが、病院でやってもらった「死後処置料」でした。
体を綺麗にしてもらったり、浴衣を着せてもらったり、体液が漏れないようにしてくれたりするのですが、金額は病院側が自由に設定でき、しかも保険適用外なんですよ。
我が家は父名義の銀行口座を全て凍結されていたため、思わぬ痛い出費となりました(*_*;)

ちなみに、弁護士事務所の事務員さんが教えてくれたのですが、故人が借金まみれなどで相続を全て放棄する場合、こうして死ぬ時にかかった病院代も負債と同じことになり、支払わなくてよくなるそうですよ。
って、こんなこと大っぴらに書いて大丈夫ですかね???(汗)

とりとめのない文章になってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました。
他にも葬儀に関して知りたい事などがあれば、遠慮なくおっしゃってください。
宗派によって微妙な違い等があるかとは思いますが、私で分かる事なら何でもお返事させてもらいます。
何でしたら、私が話しを聞いた零細葬儀社の社長さんにも聞いてみますので(笑)

| 人間の日常 | 22:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めての身内の死というだけでショックでいろいろ考えられないところへつけ込んで‥‥というか、阿漕なことやってくれちゃいますよね。

母の時、病院のICUから霊安室に移される時、黒服の人がストレッチャーで運んでくれたんですよ。
こっちは初めてのことだし何もわからないからてっきり病院の人かと思ってたら葬儀屋の人だったのよー。
いわゆる6大学の付属病院で亡くなったんだけど、どうやら病院と葬儀屋が連携してて、こっちで葬儀屋を選択する機会も与えられず‥‥

無宗教で花祭壇の生演奏の音楽葬をしたかったからそれを言ったら、ウダウダ言われた(結局やったことない)から、こっちでそれが出来る別の葬儀屋手配してその葬儀屋とコラボさせちゃったわ(苦笑)
音楽葬とかやってる葬儀屋さんの方がやっぱり零細(笑)
そして初めの葬儀屋は大手で担当者がフェ◎ガモの靴履いてたし‥‥(-_-;;
まさに激しく同感なお話だったわ〜

| ゆとりろ | 2015/11/14 07:40 | URL | ≫ EDIT

霊界の話かしら…と思いきや… 

おっとう様の死後の現世の話でした。
タイトルを読んで、「あの世とこの世は地続きだ」という故・某俳優?のセリフを思い出したのは私だけでしょうか?(^-^;

ためになる豆知識をありがとうございます!
独身で貧乏な私には他人事ではないので、しっかり参考にさせていただきますよ。φ(..)メモメモ

歌さんとおっとう様の写真も拝見しました。
癒しのツーショットですね。(*´▽`*)

| まる | 2015/11/16 19:06 | URL | ≫ EDIT

歌さん

花丸健康優良児おめでとうございます!
いつまでも元気で居続けてねー。

亡くなった後はえげつない話ですが
ホント、そうですよねぇ

以前百貨店の喪服売り場で働いてたことがあるのですが
結婚式と違って葬式は事前に準備なんてできないから
「もうすぐやばそうだから」で買いに来る人の多いこと!

それが嫌だから早々に喪服は購入したけど
使う機会があまりにもなさすぎて・・いざというときに入るのかしら?(汗

伊丹十三の「お葬式」が確か病院と葬儀社の連携のこととか扱ってたような・・(おくり人だったっけ?)
映画を見て事前勉強しとかないとですねぇ

| まぁこ | 2015/11/17 11:05 | URL | ≫ EDIT

ゆとりろさんへ(・∀・)

こんにちは。

都会の大きな病院では葬儀社の待機部屋があると聞いたことがありましたが、
そんな勝手にさらっていくような真似をするなんてっ(*_*;
しかもこちらの要望が聞き入れられないのなら、辞退すべきですよねぇ。

型にはまらないお葬式は、やっぱ零細が良いみたいですね。
大手は型どおり一式を押し付けてくるから、何にも融通がきかない・・・。
無宗教や家族葬を望む人が増えてるんだから、大手もやり方考えないと、
時代に取り残されちゃいますよね(^^;)

| さこ | 2015/11/20 10:53 | URL |

まるさんへ(・∀・)

こんにちは。

実は、霊的?と思われるようなこともあったんですよー。
でも、現世の生々しい話しにしてみました(笑)

いやね、本音のところは大手葬儀社のやり方にビックリしたので、
少しでも誰かに知ってもらえればなぁと思いまして・・・。
身内が死んでまいってるところに親切顔であこぎな事するんですから、
ほんとたまったもんじゃないですよね(怒)

父の写真、撮ったことすら忘れてたんですよ。
歌さんとのツーショット、もっと撮っていれば良かったなぁ(^^;)

| さこ | 2015/11/20 11:04 | URL |

まぁこさんへ(・∀・)

こんにちは。

歌さん、今回の健診も問題なしでした。
このまま、元気なじいさん鳥になってもらいたいです(*^^*)

喪服は慌てて準備する人も多いですよね。
そう言えば父の葬儀の時、お腹のお肉が見え隠れしてた人が・・・。
タンスの奥に眠っていた喪服を引っ張り出したらサイズが合わなかったけど、
きっと新たに買いに行く暇がなかったんでしょうね(^^;)

葬儀や葬儀会社のこと、事前に勉強しとけば良かったと心底思いました。
次に誰かを送る時は、失敗しないようにしなければ(´д`;)

| さこ | 2015/11/20 11:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://i7854.blog120.fc2.com/tb.php/622-559a1ec5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。